-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第187号 『南欧にチャイナマネーが入って不動産バブル再燃?』
    ~ビザ付不動産投資で経済再建はできるか?~
2014/03/04

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』第187号

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、
ハッピーな人生を送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」
管理人の川瀬です。

今回は「不動産バブル」についてです。
今も世界のどこかがバブっています。

『南欧にチャイナマネーが入って不動産バブル再燃?』
~ビザ付不動産投資で経済再建はできるか?~

■投資マネーと不動産バブル

1ヶ月前、日経平均株価が一日で500円以上下落するなど、世界の金融市場
が混乱しましたね。
原因はアメリカの金融緩和縮小方針がはっきりしたことでそれまで新興国
などの金融市場を支えていた投資マネーが大きく動いた事にあります。
日本のアベノミクス景気にも冷や水が浴びせられた格好になりました。

いまや、世界中の資本が瞬時に世界を駆け巡ります。
投資マネーは、株式市場だけでなく、商品市場に向かう時もあれば原油
などの資源に向かう時もあります。それが不動産に向かうとやっかいな
ことになります。

「この国の不動産は今が買い!」ということになると、ビルや土地が
買われたり、マンションがどんどん建設されたりします。不動産は
値上がりすると資産効果が大きいので、みんなが「売却して、利益を
得て、その資本でまた投資して・・・」というのを繰り返すとあっと
いう間に実態価格からかけ離れた額で取引が行われる「バブルの状態」
になります。

不動産バブルは、投資家や建設業界が潤って、瞬間的には好景気に
酔うわけですが、投資マネーが去って「バブル」が終わった時には
悲惨なことになります。
マネーが次に移った時に残るのは、建設途中で放置された誰も住まない
マンションや実態相場に合わない売れない不動産などです。
不動産バブルが他の金融市場のバブルと違うのは、不動産は実需を
伴う実物資産であることです。相場を大きくかい離した価格で取引
されるようになると本当にそこに住みたい人が誰も買えなくなって
しまいます。また銀行は担保割れを起こした不良債権を抱え込むことに
なり、金融も機能不全を起こし、地域経済に大きなダメージを与えます。

■ビザ付不動産投資で経済再建

こういった不動産バブルは今も世界中の国々で起きています。
これもまたそういうことにならないといいと思うのですが・・・・
↓↓↓
<新興国の富裕層、南欧が呼び込み 不動産買えば長期滞在OK 経済再建に活用>
(2014年2月5日付 日本経済新聞)
『南欧諸国の間で中国など新興国の富裕層マネーを呼び込む動きが
広がっている。不動産投資を条件に長期滞在許可を出し、欧州債務危機で
疲弊した経済の立て直しにつなげる狙い。2012年10月に制度を導入した
ポルトガルで成果が出始めており、スペインやギリシャが続いた。
フランスも制度改正の検討に入った。』

ポルトガルでは外国人がポルトガルの不動産を50万ユーロ(約6800万円)
以上購入すると5年間の居住許可が与えられるそうです。ポルトガル政府に
よると2013年にはおよそ3億ユーロが投資されたようで、2014年に入っても
前年を上回る勢いで伸びているようです。

同様の制度をスペインやギリシャ、キプロスなども取り入れており、
にわかに南欧の不動産価格の値上がり期待が高まっているそうです。

『外国のマネーを誘致するために、長期滞在ビザを出す仕組みはほかの欧州
諸国にもある。新興国マネーの取り込み競争が拡大する可能性がある。』
と記事は結んでいます。

■いつか来た道、不動産バブル?

この記事を読むと、「懲りないな~」という印象を持ちます。
ここで何度かお話ししていますが、私は1992~1993年頃と1996~1998年頃
にスペインに住んでいました。
スペインは1990年~2000年代に大きな経済成長を遂げましたが、その経済
発展を引っ張ったのは不動産・建設業でした。
EU加盟後にスペインの不動産・建設市場に一気に外資が入ってきた結果、
絶望的な経済状況から、「奇跡」とも言われるほどの回復を遂げました。
しかし、2008年の世界金融危機で本格的にバブルは崩壊。国債の信認も
失われ、ギリシャ、ポルトガルとともに国家破綻ギリギリのところまで
追い込まれたのは記憶に新しいところです。

実需を無視した開発計画や身の丈を超えた住宅購入が相次いだ結果、
南欧諸国には建設途中の建物や手つかずの新築ビルといった「バブルの
遺産」が今でも数多く残っています。

これといった強い産業を自国に持たないスペインは、観光や不動産投資
など常に外資の流入によって経済を成り立たせてきました。そしてまた
今回も、外国資本に不動産投資を誘うような施策で活性化を図っています。
バブルにならないといいのですが・・・。

■買っている「外資」とは誰か?

さて、そういう南欧の不動産を買っている「外資」とは誰なんでしょう?
新聞報道によると、ポルトガルの不動産投資制度を利用した外国人の国籍は
中国が最も多く、ロシア、ブラジル、アンゴラと続くそうです。
近年経済発展をとげた新興国マネー、特にチャイナマネーが多いようです。
確かに上海の賃貸投資利回りはすでに2%程度であり、投資に見合わない
水準になっています。
そんな中国の方にとって値上がりが期待できる不動産は魅力的なはずです。
さらに、長期滞在ビザの発給は欧州でビジネスをすることが多い中国の
富裕層にとっては、ほぼ欧州全域で自由な移動が可能になるという利点も
あります。

今のところ、欧州のほとんどの国が加盟しているシェンゲン協定の
対象地域に中国人が入る場合は、都度ビザを申請しなければなりません。
でも例えばポルトガルに家を買って居住ビザを得た中国人は、シェンゲン
協定加盟国のどこにでも自由に行けるようになります。

「不動産投資+長期滞在ビザの発給」というセットは、不動産に投資マネー
を集めて市況を活性化させるにはいいアイディアですね。

■不動産を投機目的で買っても・・・

ただ、投資家の方にとっては気を付けないといけないこともあります。
ポルトガルでは、期間5年のうち最初の1年は最低7日間、その後は2年ごと
に14日間ずつの現地滞在が義務付けられています。違反した場合には重い
税金が課せられる可能性があります。
つまり単なる値上がり期待とビザ受給のためだけに買ってはダメということ
です。
中国人など遠い外国にいる方がどのようにその不動産を保守・管理するか。
本当に年何日か現地で過ごす気があるか。
投資家にも、じっくり考えることを促しているわけですね。

南欧の不動産に中国など新興国の富裕層の資金が入ってくれば、
不動産市場は再び活性化するでしょうし、建設雇用などの効果も期待
できます。買う側にとっても魅力的な不動産を保有できるとともに
長期滞在のビザまで受けることができます。
売る方、買う方、双方にとってよい仕組みです。
ただ当初の狙いから離れて過熱してしまうのが不動産バブルです。
単なる値上がり期待で売買を繰り返す不動産バブルはいつか必ず
破たんします。
自分で使わないものを投機目的で買ってもろくなことにならない
というのが、私たちがこれまでに高い授業料を払って得た教訓ですね。
また南欧諸国が同じ轍を踏まないことを願うばかりです。

今回は以上です。
もっと日本が良くなりますように。

【編集後記】 「ソチオリンピック」

ソチオリンピックが閉会しました。多くの感動がありましたが、
やはり一番印象に残ったのは浅田真央さんのフリー演技ですね。
深夜にライブで見ていましたが自然と涙があふれてきました。
メダルには手が届かなかったもののそれ以上の大きな感動を
もたらしてくれました。
皆さんもこんな話題でさぞ盛り上がったことでしょう。

いや~、やっぱりみんなオリンピックが好きなんですよね。次はリオ!