-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第120号 『いつかは欲しいマイホーム、でも今は…』
    ~住宅購入に関する消費者の声とは?~
2011/07/05

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』第120号

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな人生を送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

東日本大震災により被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
今回は住宅購入に関するアンケートの結果をみてみたいと思います。

『いつかは欲しいマイホーム、でも今は・・・』
 ~住宅購入に関する消費者の声とは?~

今年も弊社で「住宅購入に関する意識調査」を実施しました。昨年も同じ調査を実施しましたが、今回は前回より「住宅購入に対する不安感」が増しているという結果が出ました。東日本大震災が皆さんの心理面に強い影響を及ぼしているんだろうなと感じます。

■質問 1)「マイホーム、自分にとっては買い時だと思わない」 約8割!

住宅購入前の方を対象に、「現在、“自分にとって”住宅が買い時かと思うか?」聞いた結果です。

・「買い時だと思う」・・・・・・・・・・・・・23.7%
・「買い時だと思わない」・・・・・・・・・・・76.3%

【質問】現在は、“あなたにとって”住宅(マイホーム)の買い時だと思いますか?
どちらか近い考えに回答下さい。(二者択一、住宅購入前の方対象)

【2011年6月結果】
2011年6月結果

【2010年5月結果】
2010年5月結果

約8割が「買い時だと思わない」という回答です。前回調査(2010年5月)の時は「買い時だと思わない」が約6割でしたので、1年前よりマイホームの買い時感が薄れているという結果になりました。

■質問 2)「自分にとって買い時だと思わない」 その理由トップ3は?

では「買い時だと思わない」と答えた方にその理由について聞きました。(複数回答可)

第1位:「十分な自己資金(頭金)がまだ貯まっていないから」・・・・42.2%
第2位:「不況のため今後の生活に不安があるから」・・・・・・・・・38.1%
第3位:「震災以降住宅ローンを組むことに不安を覚えたから」・・・・35.8%

【質問】“あなたにとって”住宅(マイホーム)の買い時だと思わない理由は何ですか?
(複数回答可、「買い時だと思わない」と回答した方対象)

あなたにとって住宅(マイホーム)の買い時だと思わない理由は何ですか?

「十分な自己資金(頭金)の不足」と「不況のための生活不安」というトップ2は前回調査と同じです。
今回の調査で新たに選択肢に加えた「震災以降、住宅ローンを組むことに対する不安感を覚えたから」が約35%、第3位となりました。
住宅ローン債務が残っている自宅ごと被災された方々が、自宅を補修したり、再購入したりするための資金をどうするか、といういわゆる「二重ローン」が問題となっています。

政府は先日、「二重ローン問題」の救済案をようやくまとめました。
金融機関が借金を棒引きする「私的整理」を活用するほか、返済猶予などで住宅ローンの負担軽減に取り組むようです。要は破産扱いにならないように手続きが進められているのですが、次は負担が大きくなる金融機関をどう救済するかという問題が出てくるでしょう。
いずれにせよ、こういった震災に関するニュース報道などが住宅購入を検討している方々の購入意欲にも影響を与えているようですね。

■質問 3) 「マイホーム、一般的には買い時だと思う」 約4割

今のタイミングが「一般的に」住宅の買い時だと思うかどうかを聞きました。

・「一般的には買い時だと思う」・・・・・39.0%
・「一般的にも買い時だと思わない」・・・・・61.0%

質問1)で「個人的」には買い時だと思うという方は23.7%しかいなかったのですが、「世間一般的」には今は買い時だと思っている方は39%いらっしゃいます。
その理由をみてみますと・・・

■質問 4)「一般的には買い時だと思う」 その理由トップ3は?(複数回答可)

第1位:「物件価格が下がってきているように思うから」・・・・・・58.6%
第2位:「住宅ローンの金利が下がってきているから」・・・・・・・54.8%
第3位:「住宅ローン減税など税制が有利と感じるから」・・・・・・35.5%

【質問】”一般的に”今が買い時だと思う理由は何ですか?
(複数回答可、「買い時だと思う」と回答した方対象)

一般的に今が買い時だと思う理由は何ですか?

「物件価格」「金利」「税制」、住宅購入理由の不動のトップ3ですね。実際には震災後、むしろ物件価格が上がっているエリアは多くあります。また品薄で価格が上がっている建築資材や住設機器などもあります。
だから一概には物件価格や建築価格が下がっているとは言えないのですが、建物被害の大きかった地域の映像や高層マンションが敬遠されているといった報道などが消費者心理に影響を与えているのかもしれませんね。
「住宅ローンの金利低下」については、都市銀行が6月の住宅ローン金利を引き下げたことがこの結果に影響を及ぼしているのかもしれません。(下げ幅はわずか0.05%程度ですけどね・・・)

■質問 5) それでも約7割は「将来的にはマイホームを購入したい!」

「将来的にはマイホームを購入したいか?」という質問に対しては・・・

・「購入したい」・・・・・70.3%
・「購入したくない」・・・・・29.7%

【質問】将来的には住宅(マイホーム)を購入したいと思いますか?
どちらか近い考えに回答下さい。(二者択一、住宅購入前の方対象)

将来的には住宅(マイホーム)を購入したいと思いますか?

そうは言ってもやはり家は欲しいんですよね。
今は、不況や震災といったことで不安が大きくなってきたのでなかなかすぐに「住宅購入するぞ!」という気持ちにはなれないものの、世の中が安定したり頭金が貯まったりして条件が整ってきた時には「家を買いたい」と考えている方は多いようです。

住宅会社の皆さんにはお客様の不安にしっかり答える接客を心掛けていただきたいものですね。

今回は以上です。
次回、もっと日本が良くなっていますように。

【調査概要】

[1] 調査名 「住宅購入に関するアンケート調査」
[2] 調査方法 ハイアス運営サイト「ハッピーリッチ・アカデミー」「二世帯住宅大作戦」「住宅ローン大作戦」「土地活用大作戦」上でのアンケートにて選択式にて回答を得た。
[3] 調査対象 住宅購入前、住宅購入後のそれぞれのインターネットユーザー
[4] 調査期間 2011年6月11日~6月19日
[5] 有効回答数 2,278名(20代10.6%、30代29.7%、40代33.1%、50代17.4%、60代以上9.2%)(住宅購入前47.7%、住宅購入済52.3%)

*このアンケートの集計結果については、こちらのページにて公開しています。

【編集後記】 「節電の夏って・・・」

今はお店に行っても電車にのってもどこにいても暑いですね。
ずっと汗が引かないからなんかすごく疲れませんか?電車に乗っていても皆が疲れた顔でイライラしているように見えますし・・・。
そんななか、街で「私たちは被災地のために節電します!」というポスターがありました。
ん?
今の節電って被災地のためというより、電力会社や電力行政がこれまで溜めてきたツケを皆で払っているように思うのですが・・・。
どうも「被災地のため」というのがみんなをガマンさせるための方便に使われている気がしないでもないですね。