-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第79号 『たばこ税増税!?』
    ~「健康目的で増税」ってどうなんでしょう?~
2009/11/10

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』第79号

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな人生
を送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

今回は「たばこ税」です。愛煙家の皆さん、またまた増税されそうですね。

『たばこ税増税!?』
 ~「健康目的で増税」ってどうなんでしょう?~

■「健康に良くないから」という理由で増税?

私はタバコを吸いません。
10年前に止めました。今や嫌煙家といってもいいくらいと思います。

そんな私でも、「これ(↓)はちょっとどうかな~」と思っています。

【たばこ増税本格検討へ 1箱600円?】
(11月7日 産経新聞)
『政府税制調査会(税調)は2010年度税制改正で、たばこ税の引き上げに向け
本格検討に入る。まず1箱600円となる大幅増税に踏み切ったあと、さらに
段階的に課税強化する案が浮上した。(中略)会合で、長浜厚労副大臣は、
喫煙と病気との因果関係などを説明しながら、「健康の観点から思い切った
税制措置を希望したい」と大幅な増税を要求。引き上げ価格について、日本で
1箱300円程度の主力製品の価格を、経済協力開発機構(OECD)加盟国平均
の約600円に設定。「さらに700円、800円と上げていく方法もある」などと
語った。』

【たばこ増税は健康目的で=小幅引き上げには否定的-峰崎財務副大臣】
(11月8日 時事通信)
『峰崎財務副大臣は、2010年度税制改正の論点に浮上したたばこ税をめぐり、
財源確保を狙った従来の小幅な引き上げには否定的な考えを示した。その上で
「たばこは健康に良くないという観点でこの問題を正面からとらえていく」と
述べ、あくまで健康目的の視点で増税議論を進める考えを強調した。』 

■肩身の狭い思いをしながら大きな財源をになう喫煙者たち

現在、たばこ税は総額で2兆2000億円ほどあるようです。
結構大きな財源です。
価格の約63%が税金ですから一箱300円とすると、189円が税金です。
喫煙者の皆さん、よく税金を払っていただきありがとうございます!という
感じですね。

それでも今回の増税案に関して私の周囲の喫煙者の皆さんに聞いても、それほど
の文句や怒りの声は聞きません。
もうあきらめきっているといいますか、肩身の狭い思いをするのに慣れて
しまっているかのようです。

世の中の禁煙傾向が顕著になり、喫煙できるスペースは街中からどんどん減って
います。
空港とか駅などの公共スペースでの喫煙ルームなんかは大変なことになって
いますよね。
狭いところにぎゅうぎゅう詰めになりながらモクモクと・・・。
それでも喫煙者の皆さんは「俺たち嫌われ者だから・・・」みたいな感じで結構
受け入れているんでしょうかね。

■たばこ税は増税しても税収が増えない?

今の日本の喫煙率は26%程度だそうです。
既にかなりの少数派になっています。

たばこ税は自民党政権下でも近年少しずつ増税されてきました。
平成10年には「たばこ特別税」を創設しましたし、平成15年と平成18年にも
それぞれ増税しました。

これは完全に「増収目的」でしたが、でも増税するとタバコをやめたり
減らしたりする人が増えるようで、増税しても税収はずっと2兆2000億円前後で
変わっていません。

今回は今までのようにちびちび上げるのではなく、ドカンと税額を上げようと
しているようです。
果たして税収はどうなるんでしょうかね?

■「健康のための増税」に理はあるか?

今回の増税は「喫煙率を下げて健康増進が目的」だそうですが、その論理は
無理がありますね。
確かに皆が「たばこは体に良くはないんだろうな」と、何となく、思って
います。
世の中は禁煙・嫌煙の方がすでに圧倒的多数ですから、
その「たばこは体に良くない(ようだ)」という説が世の常識のように
なっています。

でもどんな説にも反論は必ずあります。
現実的には「たばこ有害説」が絶対的に正しいと完全に立証するのは
不可能です。

厚生労働省も
「ニコチン、タールの含有量と健康被害の相関関係について科学的証明はない」
と公式に言っています。

科学的に証明されていなくても、「健康に悪いと言われているものには増税」
というなら、カフェインを含むコーヒーとか、塩分を含む醤油とか、脂こってり
のラーメンとか、みんな増税されかねませんね。

逆に、科学的に証明されていなくても、「健康にいいと言われているもの」は
減税してもらえるんでしょうか?

少し屁理屈をこねてしまいましたが、結局、取りやすいところから税金を取ろう
としているように見えてしまうのです。

反対する喫煙愛好家は少数派ですから、選挙にも影響は少ないですし。
でもそういう課税の考え方はよくないと私は思うのです。

私はタバコの煙もニオイも嫌いです。
歩きタバコとかポイ捨てとか、一部のマナーが悪い人には閉口します。
でもタバコを吸う人にも喫煙する権利があるわけで、これを認めないということ
はできません。

すでに圧倒的少数派になりつつある喫煙者をこれ以上いじめるのもかわいそうな
気もしますし・・・。

今回は以上です。次回もお楽しみに!

【編集後記】 「腕立て伏せ大会」

先日、会社の懇親会の余興で「腕立て伏せ大会」がありました。
飲んでいる時に「腕立て伏せ」とはどんな企画やねん!と思いましたが、
頑張ってみました。

「昔は軽く100回くらいはやってましたよ!」と豪語する若手たちが軒並み20回
前後でダウンする中、私は35回で3位とまずまずの結果でした。

「昔はもっと出来たのに・・・」という首をひねっていた人たちの状況を分析
しますと、支える腕の筋力の衰えというより、のしかかる体重の増加の方が
結果に影響していたようです。

皆さん、もう少しダイエットしましょうね。