-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第63号 『日本の食料環境を考える』
    ~食料自給率40%について考えてみよう!~
2009/03/31

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』第63号

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな人生を
送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

今回は、家計の多くを占める「食費」についてです。
日本の食料自給率に関して考えてみましょう。

『日本の食料環境を考える』
〜食料自給率40%について考えてみよう!〜

■日本の食料環境を見直そう!

昨年の原油価格がドーンと上がった頃を覚えていますか?
ちょうどサブプライム問題がくすぶっていた頃ですが、
世界中のお金が、信用できない株式・債券市場から原油や穀物などの商品や穀物市場に
流れ込みました。
その結果、アメリカのとうもろこしや小麦、大豆などをはじめとした穀物相場は急騰
しました。
原油価格上昇による輸送費の高騰もあいまって、食糧を輸入に頼っている国は、一気に
食料価格が上がりましたよね。

日本の食料自給率はカロリーベースで「40%」。
食料自給率とは、国民に供給された食料のうち、国内で生産されたものがどれくらいか
を表す数値です。つまり、日本は食料の60%を輸入に頼っている「食料輸入国」です。

だから昨年の食料価格高騰の影響をモロに受けました。例えば輸入比率が高い「小麦」
の最終消費者向けの価格は約40%も上昇しましたよね。

その後、原油相場の下落で、穀物市場も落ち着きましたので、今は小麦の値段も下がり
ました。
でも、家計を直撃された多くの国民が、「食糧自給率40%」の恐ろしさを体感したのでは
ないでしょうか。

また、中国輸入食品問題などがあって「食の安全性」も問われました。

そんなこんなで、「もう一度、日本の食料環境を見直そう!」という機運が高まってきて
いるようです。

■食料自給率40%の中身とは?

では食料自給率40%とはどういうことなのか、整理してみましょう。

実は今の日本では、国産食料品だけでは和食のメニューですら組むことができません。
例えば、メニュー別に食料自給率を見てみますと・・・

てんぷらそば:22%
すきやき:24%
とんかつ:9%
味噌汁:26%

↑↑↑
どうですか?低いですよね?

てんぷらそばの自給率が22%なのは、そばの原料である「そば粉」の約6割が中国からの
輸入だからです。

また天ぷら粉の原料である小麦の自給率は「14%」(←アメリカ、カナダ、オーストラリア
などからの輸入)です。

すきやき、とんかつの自給率が低いのは、牛や豚のエサ(トウモロコシなど)の90%が輸入
だからです。

味噌汁が低いのは、味噌の主原料である大豆の自給率が24%(←8割がアメリカから輸入)
しかないからです。
つまり、日本の代表的な食材である「みそ」や「しょうゆ」、「豆腐」ですら、大豆を原料
としていますから輸入なしでは作ることができないのです。

■世界の食料自給率はどうなっているか?

世界の主要な先進国の中で日本ほど食料自給率が低い国はありません。
高い国から順番に見ていきますと・・・・

オーストラリア:237%
カナダ:145%
アメリカ:128%
フランス:122%
ドイツ:84%
イギリス:70%
イタリア:62%
・・・といった状況です。

穀物自給率だけを見ても日本はOECD先進30カ国中、29位。
お米の自給率はほぼ100%ですが、小麦が低いために穀物自給率が低くなっています。

日本は、国際的に何か問題があると安心してゴハンが食べられなくなる国です。
食料の6割を輸入に頼っていますから、外交上の問題や為替変動などの影響も受けやすく
なっています。
つまり、ちょっとしたことで家計の多くを占める食費がドーンと上がる危険性がある国
なのです。
怖くないですか?

今回、日本の食事情についていろいろ調べてみました。
知らないことが多くてびっくりしました。
「このままでは日本の食が危ない!」
「農水省がんばれ!」(←不祥事続きですが)
・・・という思いです。

次回もこのテーマで一緒に考えてまいりましょう。
今回は以上です。次回もお楽しみに!

(参考資料・文献)
・農林水産省ホームページ
・「食料自給率のなぜ」 農林水産省課長 末松広之著 扶桑社新書

【編集後記】 「年度がわり」

今日(3/31)で2008年度の年度がわりですね。
4月からはいろいろなことが新しく始まります。
今日は私がいる会社の創業記念日でもあります。
設立して4年が経って、明日から5年目です。
「いろいろありましたな~」ってな感じで、昨晩は会社の仲間たちとささやかにお祝い
しました。
個人的には、私は社会人になって19年が経って、明日から20年目に突入です。

世間の皆様には「脂の乗りきった年代になったね」などと言われています。
(お腹まわりには確実に脂がのってきていますが・・・・)
これからも頑張ります!