-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第56号 『2008年の振り返り』
    ~激動の1年でわかってきたこと~
2008/12/24

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』第56号

こんにちは!メリークリスマス!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな人生を
送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

今回は、激動だったこの1年を振り返ります。

『2008年の振り返り』
〜激動の1年でわかってきたこと〜

年末になりました。
社会的に暗いニュースが多いですが、今年は本当に不安定な一年でしたね。
いろいろな意味で歴史に残る年だったのではないでしょうか。

■2008年、前半は「原油高」、後半は「円高」で・・・

このメルマガを振り返りますと、2008年一発目(1月8日付)の31号は・・・、
(→ ハッピーリッチコラム31号
『「原油高、株安、円高」という新年のお屠蘇気分を一気に吹き飛ばすトリプル連鎖
の恐ろしい幕開けとなりましたね。』という書き出しでした。

その原因は「原油高」。
前年2007年からのサブプライム問題で、金融市場からお金が逃げ出して、
原油市場などに一気に流れ込んだことで原油価格は急上昇しました。

投機マネーは小麦などの食糧市場にも入り、食料品の値段も上がりましたね。
すべてのモノの値段がガンガン上がり、インフレすら懸念されていました。
金利も上がるんじゃないかという声がありましたよね。

夏には原油が1バレル=147ドルの最高値をつけました。
世界中が「エネルギー危機がやってきた」と大騒ぎしました。

それが、今やどうでしょう。
9月のリーマンショック以降の金融危機で状況は激変し、さらに深刻化。
原油はいまやピーク時の1/3程度。
消費者物価も下がり、インフレどころか今やデフレが懸念されています。

金利を上げる気マンマンだった日銀も逆に金利を引き下げざるを得ませんでした。
アメリカと歩調を合わせて、ゼロ金利政策に逆戻りです。
株価は乱高下を続けながら8,000円台をうろうろ・・・。
円高基調はむしろ加速。
おかげで日本の大企業は総崩れ。
派遣社員が大量にリストラされて、雇用問題にまで発展しています。

つまり、本格的な不景気になったということですよね。

■この一年でわかったこととは?

この一年でいろんなことが明らかになったと思いませんか。

例えば、前半の原油高。
はじめは「中国やインドなどの経済新興国の発展にともなう実需によるもの」と
言われました。
確かに経済新興国の需要は今後も旺盛でしょうから、中長期的な需給逼迫は
よく気をつけておかないといけません。
でも今年前半の価格の急騰は、実際はマネーゲームでしたね。
リーマンショック以降に金融が収縮すると一気に下落しましたから。

日本の産業構造が、依然として輸出産業に依存していることもはっきりしました。
円高になるだけで利益が吹き飛ぶ構造は80年代から少しも変わっていません。
むしろグローバル化の流れに対応してきたことで、今の方がより世界の動きに影響を
受けるようになっています。

原油が上がると日本の家計はメタメタになるんだ、ということも実感できました。
特に食糧問題。
原油が上がったことで、小麦、トウモロコシ、大豆なども上がりました。
小麦の90%は輸入です。
日本の牛、豚、鳥などは輸入トウモロコシで畜産しています。
食パン、うどん、マヨネーズ、お肉、乳製品・・・・、お買い物をしない人でも
奥さんに聞けばわかると思いますが、相当値上がりしました。
今年ほど日本の「食料自給率40%」というのがどういうことなのかを突き付けられた
年はなかったのではないでしょうか。

そんな中、政治は全くの機能不全で、本当にびっくりするほど何もしませんでした。
最後には景気対策まで来年に先送りする始末で何の対策も打てませんでしたね。
明らかに政権交代が必要なことが明らかになりました。

■問題の本質をみつめたい

何事も問題の本質を見失うと変な方向に行きます。
何が原因でそうなったのかをしっかりと見る必要があるとつくづく思い知らされました。

例えば、「為替」。
直近の日本経済混乱の原因は「為替」です。
なぜここまで円高になったかを分析して理解する必要があると思うのです。
為替は金利との関係で決まりますが、今回の円高は単なる日米金利差だけが原因
ではありませんよね。
だから日銀がアメリカと歩調を合わせて金利を引き下げしたところで円高は解消
されません。

今年明らかになったことをよく考えて、問題の本質をしっかり捉えられるように
なりたいと思います。
自分の身を守ってくれるのは、国でも企業でもなく、自分だけですからね。

今回で今年は終わりです。
来年はよい年にしたいものです。
それではよいお年を!

【編集後記】 「今年もお世話になりました!」

本当に大変な一年でしたね・・・。
仕事を失った方も多くいらっしゃるでしょう。
私も厳しい環境ではありますが、幸い仕事があって何とかかんとかやっています。
これもひとえにお客様や支えてくださっている周りの皆様のお陰です。
心から感謝、感謝です。
家族も健康ですし、ケーキもプレゼントも買ってささやかながらクリスマスも
できそうです。
暗い話が多い一年だったからこそ
「なんでもないようなことが、幸せだったとおもーうー♪」のでしょうか?
日本経済は来年も厳しそうです。
でも実は、周りを見渡すと結構明るい話もあるんですよね。
来年はワクワクするような話もしていきたいと思います。
それでは来年もよろしくお願いいたします!