-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第54号 『銀行はなぜ貸し渋りをするのか?-その3』
    ~信用保証は機能するのか?~
2008/11/25

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』第54号

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな人生を
送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

今回は、「貸し渋りについて」の最終回です。

『銀行はなぜ貸し渋りをするのか?その3』 
〜信用保証は機能するのか?〜

前回まで「銀行の貸し渋り」について、その発生原因と政府の対策の有効性など
についてみてきました。
まずその振り返りからです。

■銀行が貸し渋る2つの理由

銀行が貸し渋る理由は大きく2つありました。
ひとつは、「自己資本比率規制」。
貸出金の焦げ付きなど不良債権が増えたり、保有している有価証券の価値が
下がったりすると、銀行は資産の見直しに入り、格付けの低い貸出金を抑制する、
ということでした。
もうひとつは、「資金繰り」。
銀行の資産が劣化して、体力が落ちてくると、「信用不安」が起きます。
すると預金が流出したり、市場で資金が取れなくなったりします。
資金を確保しないといけないので貸出金が増やせなくなるわけです。

そこで政府の「貸し渋り対策」が矢継ぎ早に出てきました。
自己資本比率のルール変更や証券税制などの株式市場対策、時価会計評価の
凍結など・・・。
しかしながら、いずれも対症療法であり、抜本的な解決策ではないですよね。
ですからその有効性については、「???」と思わざるを得ないのです。

基本は、前に日本が金融危機の時に取った↓このプロセスしかないと思います。
・銀行の保有資産をきちんと査定すること。
・それを公表すること。
・不良資産を切り離し、資本が不足すれば公的資金を注入する(もしくは自分で
  増資する)こと。
・そして自己資本を回復させること。

「隠したり、後から後から出てきたりすることの方が、市場からの信頼をなくし、
リカバリーを遅らせる。」
これが、前の金融危機の教訓だったと思うんですけどね。

■追加経済対策「信用保証枠22兆円」は機能するか?

麻生首相の周辺がごたごたして、どうなるかわからなくなってきましたけど、
政府は追加経済対策で、「中小企業の資金繰り対策」として信用保証枠を増やす
ことを発表しています。
今回の対策の総額約27兆円の内、およそ22兆円がこの信用保証ですから、
今回の対策の目玉といってもいいでしょう。
これで銀行の貸し渋りが解消して、中小企業や個人向けの貸し出しが増えると
いいですよね。

でも、信用保証の制度は昔からずっとあるわけです。
でも貸し渋りは起きていますよね。
なぜでしょう?枠が増えたら貸し出しは行われるようになるのでしょうか?

ここで「信用保証」の手続きをおさらいしておきましょう。
・まず銀行が企業からの借り入れ申し込みを受け付けます。
・銀行の簡易審査の後、「信用保証協会」という公共機関へ審査書類が回ります。
・信用保証協会の審査がOKになると、保証書が出て、銀行はそれを裏付けに
  貸出金を実行します。
・万が一、返済が滞ると、「代位弁済」と言って、銀行は保証協会に「代わりに返済
  してください」と請求します。
・通常の信用保証協会が保証してくれるのは貸出金の80%までで、銀行が20%
  のリスクを負っています。
・保証協会が保証額を銀行に支払った後は、保証協会が銀行に代わって債権者に
  なる。
・・・という仕組みです。

さて、今は不景気なので企業は新しい投資を控えて新規の借入金は減らしている
傾向にあります。
企業側に「前向きな」資金需要がそれほどないのが実情です。
今、信用保証で融資を受けようとする企業は、売上が落ちて赤字で支払が厳しく
なっているような本当にきつい企業が多いことでしょう。
そんな、ゆくゆくは不良債権になる可能性が高いところには、いくら80%保証と
いっても20%のリスクがある以上、銀行は貸しません。
信用保証貸し出しが増えなかった背景にはそういうこともあると思います。

しかし、今回の追加枠では「100%保証」になるのではないかと言われています。
そうなると、(大きな声では言えませんが)銀行は書類の受け渡しだけの実質
「無審査」になるでしょう。
だとすると、信用保証協会の審査のレベルがどれほどになるかによりますが貸し
出しは確かに増えるかもしれません。

でも、きっと・・・・
代位弁済額も増えて、国の負債も増えることでしょうね。。。
保証協会の保証の源泉は税金ですからね・・・。

前の金融危機のころ、「キャッシュフロー経営」というのが流行りました。
要は「保有現金が大事です」ということです。
「キャッシュフロー(現金)」は飛び上がる体力の源です。
今は嵐が吹き荒れている状況ですが、ぐっと踏ん張って身をかがめて、次のジャンプ
に備えることといたしましょう。
今はそれしかないようです。

今回は以上です。
次回もお楽しみに!

【編集後記】 「不動産会社さんの全国大会をやりました!」

先週、ウチの会社でやっている全国のまじめな不動産会社さんのネットワーク
「ハイアークラブ」(http://www.hyaa.jp/)の全国大会を開催しました。
全国から100社を超える会社さんにお集りいただきましたが、こんな厳しい環境の
中でもまじめに頑張っている方々から素晴らしい事例の発表などもありまして、
ご参加いただいた皆様から本当に元気をいただきました。
今回は「貸し渋り」なんていう暗いテーマでしたけど、全国各地で前向きに頑張っ
ている人たちはいっぱいいます。
私たちも負けずに頑張りたいと思います!
全国大会にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!