-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第45号 『財政の視点で世の中を考えよう!-その5』
    ~高負担社会の到来!私たちはどうする?~
2008/07/22

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』第45号

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな人生を
送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

今回は、「国家財政の視点で世の中を考えよう!」シリーズの最終回。
タイトルは、『高負担社会の到来!私たちはどうする?』です。

『財政の視点で世の中を考えよう!-その5』
〜高負担社会の到来!私たちはどうする?〜

シリーズ最後のおさらいです。

今まで見てきましたように、日本の財政はギリギリで、財政健全化は急務です。
財政健全化のシナリオは、
「歳出削減と景気の浮揚と増税!」が大前提でした。
歳出削減と言っても、高齢化社会の進行で社会保障費はどんどん膨らみますから
簡単じゃありません。
財源は常に不足していますから増税方針です。
つまり、消費税は間違いなく上がりますよね。

■まず「無駄」をなくしてください!と言いたい!

「それなら増税もしょうがないか・・・」という気にもなりますが、
それでも国に言いたいのは、「まず無駄を徹底的に無くしてください!」ということ
ですよね。

今まで「一般会計」の話だけをしてきましたが、国の財政にはもうひとつ「特別会計」
というのがあります。
これが、各省庁ごとに分かれていて、ちょっと複雑で分かりにくいのですが、
特別会計の予算規模はおよそ250兆円だそうです。
一般会計(約80兆)の約3倍もあります。
この特別会計にもまだまだ無駄があるゾと、言われています。

その代表例が、「厚生年金特別会計」や「道路特別会計」。
この特別会計を見直そうというのが、2005年小泉内閣の時に決まった「行財政改革」
でしたね。
今、全部で31ある特別会計の内容を見直して、無駄を省こうとか、一般財源化でき
ないかとか、「余剰金(←いわゆる『霞が関埋蔵金』ってやつですね)」を一般会計に
繰り入れしよう、などといったことを実施しようというものです。

これがなかなか進まなかったんですね。
いわゆる「抵抗勢力」の力でしょうか。
小泉さんも安倍さんもできませんでした。

でも、ガソリンの価格高騰で道路特別会計が世間に注目されて、
そこに民主党も乗っかって大騒ぎして、道路特別会計の財源である「ガソリン税」、
いわゆる「道路特定財源」がやり玉に挙げられました。
で、すったもんだあって結局、福田首相がリーダーシップを発揮(?)して、ほぼ
独断で「一般財源化」を明言してしまいました。
野党からは「廃止せよ!」という声もありましたが、一般財源化が行財政改革の
流れでしたので、これはこれで結論としては良かったんじゃないかな、と私は思い
ます。
大事な財源ですからね。
こういう特別会計も含めて国の財政を立て直していただきたい!というのが政府に
対する私たち国民の切なる希望なんですよね。

■年金は何歳から?消費税は何%まで上がる?

ただ、それでもやっぱり世界で最高レベルの高齢化社会ですから、社会保障費を
中心に負担はどんどん増えます。
一方、財源はありません。
年金財源も不足するでしょう
だから年金支給開始年齢は今の65歳よりもっと遅くなるでしょうし、給付も少なく
なるでしょう。
また、消費税も確実に上がるでしょう。
ヨーロッパ諸国並みの10%くらいまでになる可能性はあると思います。

(ちなみに、私、10年ほど前にスペインに住んでいた時期がありましたが、
スペインでは「消費税」は「付加価値税」という名前でした。
食料品などの一般生活品は7%で、
高級レストランや5つ星ホテルや高額品などのぜいたく品などは15%でした。
日本と比べても、「物価は安くないな~」という実感はありました。)

■高負担社会で「私たちはどうするべき!?」

小泉政権時に行財政改革をやっていた、竹中平蔵さん。
先日、「サンデープロジェクト」(テレビ朝日)で、
「この高負担社会で私たちはどうするべきか?」という田原総一朗さんの質問に対して、
「今より生活レベルが下がることは避けられません。まずそのことを国民全員が覚悟
しなければなりません!」と身もフタもないことを言っていましたが、まー確かにそれが
現実でしょう。

私たち現役世代を中心に高負担社会になっていくのは変わらない。
「増税反対!」と言っても上がるものは上がります。

大事なのは、「そんな社会の中で私たちはどう賢く暮らしていくか」ですよね。

高負担社会では、普通に生活していたらお金は溜まりません。
節約して余裕資金を貯めながら、同時に運用することが大事になってきます。

運用では、金融資産と不動産資産の両方を考えないといけない。
家計では、支出と収入の両面をしっかりと見つめないといけない。

大変な時代になったものですが、「こんな時代にしっかりと立ち向かおう!」というのが、
私たちがこの「ハッピーリッチ・アカデミー」を立ち上げた趣旨でした。

これからもいろいろ勉強して、皆さんに紹介していきたいと思います。
皆さんからのご意見、ご指導も宜しくお願いいたします。

(なんかこのメルマガ終わるみたいな書き方をしてしまいましたが)
次回もありますので・・・。
お楽しみに!

【編集後記】 「ワールドビジネスサテライトに出ました!」

先週、テレビ東京系の看板番組「ワールドビジネスサテライト」にウチの会社の
メンバーが出ました。
「需要と供給のギャップをビジネスに!」みたいな特集でしたが、その中で、
「タダでマイホームが建てられる!」でおなじみのヒット商品、「ユニキューブ」を
紹介させてもらいました。
(→詳しくはこちら

お陰様で多くの反響をいただきました!ありがとうございました。
テレビの力ってすごいですね。

梅雨明けして夏本番!
暑い日が続きますが、みなさんがんばりましょうね!