-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第37号 『貯蓄率が上がるのは悪いのか?』
2008/04/01

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』 第37号

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな人生を
送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

今回は「貯蓄率が上がるのは悪いのか?」についてみてみたいと思います。

『貯蓄率が上がるのは悪いのか?』

■また増加した家計金融資産!平均1,259万円

2月の終わりに金融広報中央委員会は、2007年度の「家計の金融行動に関する
世論調査」を発表しました。
それによると、一世帯あたりの金融資産の平均保有額は、1,259万円で前年比12.5%
の増加となったようです。(2人以上世帯調査。金融資産無保有世帯を含む平均額)

内訳をみると、
・預貯金と郵便貯金を合わせた「安全資産」が占める割合が、53.1%。(前年比
  2.2%減増)
・投資信託や株式などの「リスク資産」が占める割合が、19.0%(前年比17.2%増)

この結果を受けて、某超有名コンサルタントの先生がこのように斬っておられました。
「景気浮揚のためにも、1,500兆円もの膨大な個人金融資産を市場に流れ出させない
といけない。
そんな中、さらに貯蓄率が上がったというのだから日本人の貯蓄癖にもあきれる。
しかも、安全資産である預貯金が資産の5割以上を占めるという信じがたい結果。
総じて、日本人は貯蓄志向が強くリスクを取らない民族であることを改めて認識させ
られる結果と言える。」(要約)

うむ。確かに日本人は貯蓄志向が強いですよね。
そして、貯蓄から投資への流れが加速し、個人消費が活性化すれば景気も良くなる
でしょう。

でも、この時期に個人金融資産が増えることはそれほど嘆かわしいことなのかな~と
疑問にも思います。

■「貯める若者世代」と「使う年金世代」。これって悪いですか?

この調査レポートをもう少し詳しく見てみます。
「1年前と比較した貯蓄残高の増減」という設問では、全体の約4割が「減った」と回答し、
約2割が「増えた」と回答しています。
年代別にみると、50~60歳代で「貯蓄が減った」という回答が4割を超えている一方、
20~30歳代では「増えた」とする回答が3割を超えています。

つまり、貯蓄を増やしたのは住宅資金や教育資金に備えた20~30歳代の世帯です。
この世代はもともと収入が多くないので金融資産を多くは持っていません。
逆に、60~70歳代は、資産は持っているもののリタイアして収入が減ったことなどから
貯蓄を取り崩しながら生活している傾向が見て取れます。

↑これって、某コンサルタントの大御所が言うように悪い傾向なのでしょうか?

食品や日常品を中心に物価が上がる一方でなかなか給料は上がらない。
投資を増やしてみたら、株価は下落・・・。
年金制度不安もあって、将来的な不安はぬぐえない。
↑こんな状況で支出を増やすような楽観的な人は日本人以外でもそれほど多くはない
でしょう。

そんな中、若い世代が将来の住宅費や教育費のために計画的に貯蓄を増やすことは
将来の日本にとって悪いことではないと思うのです。

また、今の60~70歳の世代は年金だけでも夫婦で平均毎月20万円はあります。
20万円あれば、食費などの生活費、すなわち「基礎的支出」は年金だけでもまずまず
賄えているはず。
それでも、この世代が貯蓄を取り崩して生活しているということはどういうことでしょうか?
一概には言えませんが、この世代でレジャー費などのいわゆる「選択的支出」が増えて
いるということではないでしょうか?

■心配なのは若い世代で貯蓄なしの世帯が増えていること。

私がこの調査でもっともこれは心配だなと思ったのは、貯蓄率の高さなどではなくて、
貯蓄がまったくない、いわゆる「無貯蓄世帯」が全体の2割程度存在しているということ
です。
無貯蓄世帯は万が一の備えが全くないわけで、ひょんなことから貧困層に陥る可能性
があります。
収入階層別のデータによると、
年収300万未満の世帯が一番多くて、約33%が無貯蓄です。
これはまだわかるとしても、
年収750万円~1,000万円未満のアッパーミドルの世帯でも約1割が無貯蓄です。

景気のために「消費奨励」は確かに大事ですが、それは資産を持っている人向けに
すべきこと。
貧困層の拡大が問題となっている中、資産の少ない人は計画的な貯蓄こそが奨励され
るべきではないかと思うのです。

今回は以上です。次回もお楽しみに!

【編集後記】 「バタバタしています」

4月1日です。年度がわりの時期ですのでバタバタとお忙しくしていらっしゃる方も多いの
ではないでしょうか。
バタバタ度合では私も負けておりませんよ!
今日は朝一で東京から新幹線で大阪へ行って一仕事。
今お昼ですが、これから名古屋でもう一仕事。
で、最後に夕方から東京でお仕事です。(今、名古屋でこれを書いています)
バタバタしてますでしょう?
忙しいことはありがたいことです。感謝です!