-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第19号 『あるべき住まい方とは?』
    ~住宅について世間の8割が考えていること~
2007/07/24

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』 第19号

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな人生を
送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の川瀬です。

今回は「あるべき住まい方とは?」です。

『あるべき住まい方とは?』
〜住宅について世間の8割が考えていること〜

ハッピーリッチ・アカデミーの考え方は、
快適で安全でゆとりある暮らしをするために必要な資産ならびに収入を
確保しましょう!
そしてそのためには自分のライフプランをしっかりと見つめ、資金的計画を立て、
自分の財産目標を持ちましょう!
というものです。

その第一歩は、まず「収入」と「支出」についてきちんと理解することです。

特に「支出」。

家計簿をしっかりつけている方は大丈夫ですが、
多くの人は「何にどれだけかかっているか!?」という感覚が希薄なんです。

では、「支出」の中で一番大きいのは何でしょう???

それは「住居コスト」です。
親の家にずっと住めるような恵まれた人を除いて、
賃貸にしろ、持ち家にしろ、毎月大きな金額を支払っています。
とくに「住居コスト」が高い都市部に住む人は大変ですよね。

世間一般の「住居」に関する考え方はどうなっているのでしょう?

たとえば
・持ち家がいいのか、賃貸がいいのか
・新築がいいのか、中古がいいのか
・戸建がいいのか、マンションがいいのか

それぞれどれくらいの割合なのか見てみましょう。

内閣府の「住宅世論調査」によると・・・

【約8割は、「持ち家志向」】
・住宅を所有したい・・・79%
・所有する必要はない(賃貸でもいい)・・・12%
・どちらでもいい・・・8%

【約8割が「新築志向」】
・所有するなら新築が良い・・・82%
・中古が良い・・・3%
・どちらでも良い・・・13%

【約8割が「戸建志向」】
・住宅形態は戸建がいい・・・78%
・マンションがいい・・・9%
・どちらでもいい・・・10%

世間的な住宅の考え方は、
「持ち家・新築・戸建」というもののようです。
しかも全部「約8割」の人がそう考えています。
圧倒的ですね。

さてさて、では、
・「賃貸」はよくないのか?
・「中古」はよくないのか?
・「マンション」はよくないのか?

住まい方は人の価値観でいろいろです。
どれがいい!というのも人それぞれで、決して優劣がつけられるものではありませんが、
ハッピーリッチでは、
住まい方を財産的観点から考えてみたい、
生涯を通した住まい方を考えてそのコストを検証してみたい、
と思います。

次回以降、順次取り上げて行きたいと思います。
ご期待くださいね!
ではまた!

【編集後記】
私も今は「居住コスト」が一番大きな支出になっていますが、
昔、独身で会社の寮に入っていた頃の一番大きな支出項目は「飲み代」でした・・・。
年間ウン百万円くらい飲んでいた時期があります。
今思うと、「なんと反ハッピーリッチ的行動を取っていたのか!」とションボリしてしまいます。
過去の過ちはしっかり反省して、前向きに頑張っていきたいと思います!
今日は京都にいますが、京都では今梅雨があけました。とてもさわやかな青空が広がっています。
「頑張るぞ!」という気持ちに、今なっています!(二日酔いですが・・・)