-すべてのメニューが無料で利用できますセミナーのご案内セミナー参加者の声-
会員登録する ログイン
ハッピーリッチコラム バックナンバー

第13号 『資産について考える-その1』
    ~金融資産と不動産資産~
2007/05/01

私的年金をつくろう 『ハッピーリッチ・アカデミー』 第13号

こんにちは!
明るく前向きに自分の財産を築いていこうと頑張るみなさんに、ハッピーな
人生を送るための情報を提供する「ハッピーリッチ・アカデミー」管理人の
川瀬です。

今回は「資産について考える – その1」です。

『資産について考える – その1』
〜金融資産と不動産資産〜

今回から数回にわたり、「資産について考える」として資産形成・資産運用に
ついて見ていきたいと思います。

先日「格差社会」を取り上げたテレビ番組を見ていて、「なんだかな?」と
思いました。
パートや派遣社員の皆さんがグループインタビューを受けていまして、
「雇用においてこんなにも不当に扱われている!」と憤っていました。
それは、まーまだわからないでもないのですが、
その中で、

「私は大学院出なのですが、高学歴な人は逆に不利。
高給取りは採用しないと差別され、ちゃんと就職できない。」
と話している人がいました。

「それって格差社会というよりも・・・
あなた自身の資質とスキルの問題なのでは!?」
とツッコミたくなりました。

デキる人は学歴に関係なくちゃんと仕事していますし、稼いでいますよ。

確かに議論は大事ですし、おかしなところは変えていくように声を上げないと
いけないですよね。
でもだからといって何もかもを一緒にして、
「国が悪いだの政治がどうしただの企業はなんだかんだ」などと
自分のことは横に置いておいて、他人や環境に対して文句ばかり言っているのも
正直どうかと思います。

環境のせいにしている人は環境が変わるまで現状のままガマンするしかありません。
「格差社会だ!社会が悪い!」 と言っている人いる人ほど 「格差社会」 から
抜け出ることはできないんだろうな、と思った次第です。

出来る範囲で、収入を増やす道はないかを考える、
得られる収入の中で支出や積み立てをどうやりくりするかを考える、

私たちは、環境は環境として受け止めた上で、
その中でどうすればよいかを前向きに明るく考えていきたいですね。

ということで前置きが長くなりましたが、資産について考えていきたいと思います。
資産と言ってもいろいろありますが、
まずは 「不動産資産」 と 「金融資産」 の2つについて見てみます。

■日本の資産家は「不動産資産家」

日本の資産家は 「不動産資産家」 が多いと言われています。
保有資産のほとんどが不動産という人ですね。

以前、安倍内閣の閣僚資産が公開されたときに、
最も資産が多かったのは麻生外務大臣で
(ホントかどうかはさておき)およそ5億円の資産でした。
内訳は確か80%くらいが不動産でしたね。

では日本全体の家計における平均で
金融資産と不動産資産はどれくらいの割合がご存知ですか?

総務省の 「全国消費実態調査」 によると
日本の世帯平均資産は 3,900万円 だそうです。
その内訳は、
金融資産:950万円
不動産資産:2,786万円
割合でいうと資産の71%が不動産資産です。
日本の資産のおよそ7割は不動産なんですね。

だから 「資産を何とかしよう」 と思ったときに考えないといけないのは
金融資産を0.5%とか1%とかちょこちょことなんとか動かしたりすることも
大事ですが、不動産資産の扱いを間違えないこともとっても大事なんですね。

・自宅を買うとき、売るとき、
・親から不動産を相続するとき、
・マンション投資をするとき、
などなど

不動産の扱いで失敗すると金額が大きいですから金融資産の運用では取り返しの
つかないことになります。

逆に言うと、不動産資産を上手く活かせば不動産資産で金融資産を作ることも
可能なわけです。

次回以降、不動産資産の扱いについていろいろ見て行きたいと思います。

【編集後記】

GWの真っ只中ですね。
お休みの方も多いと思います。
我が家は 「安・近・短」 で済ます予定ですが、
長女(8歳)のお友達には海外旅行組もいるそうです。

親思いの娘はこう言ってくれました。
「お父さん、私は外国なんて行かなくてもいいの。ハワイあたりに行ければ。」
・・・娘よ、GWにはお父さんも時間を取るので地球儀でも買おう。